読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

2015年2月歌舞伎座

 今日は歌舞伎座の2月公演の千穐楽。雨。時間が作れたときに、気が向いたら、ぱっと行くのが好きなので、だいたい幕見。今日は幕見で昼の部の最後の演目『積恋雪関扉』を観てきました。先週は夜の部の最初の演目『一谷嫩軍記』の陣門と組討を観ました。どちらも魅力的な舞台だったので大満足。

 歌舞伎に関しては、まだ観るようになってから2年にもならないから、超初心者。

 『積恋雪関扉』は、常磐津節で踊る舞踊劇。設定とか、史実とか考えるとメチャクチャなんだけど、そういうことはさておき、こういう入れ代わり立ち代わり踊りまくる、ブレイクダンスのダンスバトルみたいなタイプの演目は、とても好き。関守関兵衛実は大伴黒主幸四郎小野小町姫&傾城墨染、実は小町桜の精が菊之助、良峯少将宗貞が錦之助
 こういう「実は」っていうの、歌舞伎はとても多くて、その前後の演じ分けがとても楽しい。衣裳も舞台から引っ込むのではなくて、舞台上でバーンッと変わるのが大迫力。今回も、田舎の関守が、実は超悪い公家だってことが分かる瞬間に、ぶっかえりという手法で大変身。傾城墨染が桜の精に、遊女から人外に。傾城墨染と桜の精をやっている菊之助は、その前に小野小町姫もやっているので、わずか1時間半足らずのあいだに、3人を演じ分ける。
 話の筋だけをみると、悲しい話のようにも思えるんだけれども、最後の大伴黒主と桜の精が対決するところまでは、とてもコミカルというか、軽妙で、深く考えずに、さくさく楽しめる。登場する役者さん3人とも、キャラクターのイメージがくっきりしていて、3人で横一列に並んで踊るところとか、妙に面白くて笑える。最後の対決するところは、すごい迫力があって、ラストの幸四郎がとてもかっこよかった。悲しみとか憎しみを表現しているはずなのに、悲劇的ではない。菊之助だからかな。
 私は上品で健康的でキレキレに動く可憐な菊之助の女形が大好きだから、始終、超にこにこしながらみていました。
 常磐津節もいいなぁ。弦楽器かつ打楽器な三味線のグルーヴ感たまらん。この曲、いいなぁ。

 『一谷嫩軍記』の陣門と組討は、熊谷陣屋のひとつ前のシーン。熊谷陣屋は、私が初めて歌舞伎座に足を運んだ2013年4月の杮落し公演で観たとき、ほんっとに意味が分からず、はてな??と思って帰ってきた演目。その筋では有名な演目らしいけど、んなこと言われましてもね。でも、2年ほど経った今、多少は誰が何をしているのか分かるようになるどころか、組討のシーンで半泣きになるくらい入り込んでしまった。
 とにかく吉右衛門が凄い。私、吉右衛門が大好きなんです。古典に関しては、中学とか高校では、なんら感動せず、正直、テストが乗り切れればどうでも良かった。でも、吉右衛門の石切梶原をみたときに、脳が撃たれたように、ビビッときてしまったのだ。それが、2013年5月公演。ちなみに、このあとの演目『京鹿子娘二人道成寺』も凄くて素晴らしくて、それで私は三味線やりたいやりたいやりたいと駄々を捏ねはじめることになるのだ。
 閑話休題。というわけで、吉右衛門は大好きな役者なのです。人間って、思っていることと、言っていることと、やっていることって、必ずしも一致しない。特に、この組討のシーンはそういうシーン。そこのズレと、そのズレのなかでの葛藤が、ビリビリと伝わってくる。吉右衛門の凄いところは、要所要所でそのズレと葛藤を表現するのではなく、物語の全体に渡ってそれらが流れ続けていることだ。だから、クライマックスのシーンで引き裂かれるような葛藤の苦しみが、どーんと説得力を持って、感情が引き込まれてしまう。だいたい須磨の浜辺のシーンみたいな、登場人物が特に動かずに喋ってるだけのシーンは眠くなりがちなんだけれども、すごく引き込まれてしまった。

 歌舞伎はもっと理屈とか知りたいなぁと思うんだけど、いろいろ考えるより先に感動しちゃうから、なにも考えないまま、かっこいいな、すごいな、すてきだなっていう感じになってしまう。