MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

『山下大輝の少ハリねずみカラー情報局第2回公開生放送』

2/27@バトゥール東京
20時開場 21時開演

 ぜんハリから井上くんがアシスタントとして出演している、ねずみカラー情報局の第2回公開生放送。会場に足を運んだので、放送されなかった井上くんの活躍部分を中心にレポを残しておきます。

 20時前に整理番号順に会場脇に並び、20時から入場。入場のタイミングで渡される紙の番号が座席番号、というぜんハリのシステムでした。

 前説は井上くん。ぜんハリの赤セーラーの衣裳でした。会場後方にある階段から登場。諸注意。生放送後、21話Aパートの先行公開が発表され、ディスクをふりふりする井上くん。MCとゲストの呼び込み。このときに、ゲスト席の椅子を引く様子が可愛かった。

 ほどなくして収録がスタート。

 収録が始まる前に、スマホ出してたけど、スタートのタイミングでストップウォッチ押せていたのかしらん。

 赤い箱のクラッカーが流れたときに、急にふられて、一人で踊りきったのは、本当に素晴らしかった。映像がトラブルで流れず、結果的に、ぜんハリのダンスパフォーマンスをアピールできたのは、あのときだけだった。映像トラブルにも落ち着いて対処できていたし、ぜんハリの告知もしっかりできていた。予期せぬ出来事が起こったときに、自分で解決しようとする姿勢と、決めたら潔く進む姿勢が、本当に立派です。

 公録終了後、21話Aパートの先行公開。白箱のときって、ああいう風になっているんですね。始まる前の画面とか、オープニング後に提供クレジットが入っていなくて、CMの部分は画面が真っ黒になっているのとか、初めて見た。

 お母様に関して、「来ちゃいましたね」って井上くん、言っていましたが。それに対して、山下くんがちらっとコメントしていたので、もしかしたら、今日、会場にいらしていたのかもしれない。いらしていたのだとしたら、あの方かな、という心当たりはあります。笑。だからどう、ということもないけれども。

 センターが変更し、登場人物の葛藤が描かれていたのを受けて。「ハート全僕宣言!」は自分がぜんハリに入る前から、春チームが歌ってきた曲で、春を越えることはできないなと思うこともあった。でも、ステージがとにかく楽しくて、声援を受けると「俺生きてる」ってなる。って井上くんが言っていました。橋口先生は、レコーディング前日に眠れなくて、きちんと制作陣も前のものを越えなければいけないと思い、夜中に歌詞を書いた、と。

 イベントの最後に退場するとき、井上くん、ぜんハリポーズで両手を振っていた。あのあざとい笑顔で。噛んだときに、頬をぺちぺちするのもあざとかった。

 壇上の方たちが、とにかく井上くんに対して優しい。とっても優しい。一緒に踊ってくれたり、話を振ってくれたり。無茶なことさせないし、制御不能なほど暴走しないし、橋口先生はさすがで上手く話を持っていってくれるし。良い現場でした。

 次も公開生放送だそうなので、足を運べたら行きたいなぁ。諸々告知情報も出ていたし、3/2から、5/10の合同フェスの受付も開始だそうなので、今後もプロジェクト全体を応援していければなと思います。