MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

奥井雅美 Birth Live 2015 NEO

 2年ぶりのソロライブ。10年以上にわたって、私にとって「好きな歌手」という次元を超えて、「尊敬できる大人」であり続けてくれた方。進化し続ける原点。新旧の曲、定番から珍しい曲まで、充実のライブでした。

 個人的には、ここ何回かのなかで、最も落ち着いた気持ちでいられた。2011年は延期になって、2012年は倒れた直後で這って行って、2013年は1年前のしんどい時期を思い出してライブ中ずっと半泣きで、2014年はお休みで、今年はやっと2010年以前のような感じで、衒いなく、あぁ楽しかったなぁと思えた。やっと気持ちが360度まわったというか、喉元過ぎれば熱さ忘れるというか。

 どんなしんどいことがあっても、奥井さんの曲を聞くと、そうだなーと心底思える曲がある。だいたい、ひとつしんどいことが起こると、ひとつテーマ曲を決めて、心が折れそうになると必ず聞いて、というのを繰り返してきた。それを10年以上やっているから、テーマになってくれた曲が、本当にたくさんある。ライブでそういう曲を歌ってくださると、この曲はあのときに自分がテーマにしてた曲だなぁとか、いろんなことを思い出して、気持ちが渾然とする。

 さらに、前にライブでこの曲を聞いたときは、こんな気持ちで聞いたなぁとか、いろいろ思い出す。いろんなことを思い出してしまうから、いつもどれが今日のライブの記憶で、どれが前のライブの記憶なのか分からなくなってしまう。

 最近は、私も大人と呼ばざるをえない年になってきたので、奥井さんが、いまの自分と同じくらいの年のときに書いた詞とか読んで、すごく分かるなぁと思ったり、いろんな曲でハッとしたりすることが多い。今日も、そういう懐かしい曲が聞けて嬉しかった。

 奥井さんのライブは、私にとって、奥井さんと出会ったときからの自分の過去を振り返りながら、あんな大人になれるように頑張らなくちゃなと未来に向けて決意を新たにし、現在の自分を確かめられる場所。また1年頑張って、来年の3月に、この1年頑張ったなぁと思える自分でいられるように。頑張ろう。