読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

2015年3月『菅原伝授手習鑑』道明寺

 今月の歌舞伎座は『菅原伝授手習鑑』の通し狂言。『義経千本桜』と『仮名手本忠臣蔵』と並ぶ、義太夫狂言の三大傑作のひとつ。ただ、他よりも通しでやる回数はなんとなく少なそうなイメージがあるので、この機会に全部……と言いたいところだけれども、義太夫狂言はついウトウトしがちだしなーと思い、幕見でのんびり。結果的には、全然眠くならないくらい面白かった。言ってることが聞き取れるようになってきたからかな。眠くなるどころか、義太夫と三味線と役者の動きのタイミングがすごく好きで面白くて、食い入るように見てしまう。

 劇場まわりはとても賑わっていて、道明寺のひとつ前の幕、筆法伝授は12時頃札止めになったと聞きました。道明寺もかなり幕見のチケットが出ていた。道明寺から見るという私のような観客もかなり多かったように思う。声もたくさん掛かっていて、公演中も盛り上がっていた。

 歌舞伎の感想というのは、演目に対する知識と、過去の上演に対する知識と、観劇経験の蓄積のなかで培われた、観客それぞれの「この役はこういう風に演じてほしい」みたいな理想形みたいなものがあると、たぶんとてもかっこいい。そういうところは、クラシック音楽と似ている。でも、私はそういうの全然ないので、肩肘張らずに、愚直に、思ったことを書いてみようというスタンス。というエクスキューズ。

 仁左衛門が演じる菅丞相がかっこよかった。菅原道真という信仰の対象にもなっている人の、人ならざる雰囲気と、垣間見せる人間らしさのギャップ。それから、木像のときと、生身のときのギャップ。いや、後者については、ギャップというよりは、木像と生身で動きとか雰囲気は演じ分けつつも、両者の魂が同じ人物のものであるという統一感、かな。聖と俗のバランス。たまにしか舞台上に現れないし、現れても、座ってるだけで、たまに立って輿に乗るのと、あと花道を去っていくぐらいしかやることないのに、存在感だけでそれを表現するのが凄い。
 菅丞相の暗殺をもくろむ宿禰太郎と土師兵衛親子の俗っぽさと、覚寿、立田の前、苅屋姫の親子の情愛。覚寿はかなり印象的なキャラクターだった。憎くてするわけではないと娘を打ち据え、娘を殺された悲しみのなかで、娘の敵をとるために婿を殺め、嘘を吐いているのではと疑う輝国に毅然とした態度で対峙し。ほとんど動かずに芝居をする菅丞相に対して、元気なおばさんだなぁと。
 菅丞相の伯母が覚寿で、その実の娘が立田の前と苅屋姫。菅丞相は苅屋姫を養女にしていて、立田の前の夫が宿禰太郎でと、入り組んでいるわりには、話を見ていると、すっきりと関係性が理解できるし、それぞれの関係がきちんと描かれていて、立体感がある。さすが傑作と言われる作品だけあって、密度が濃く、隙がない。
 人が死んだり、生き別れたり、悲しい場面のはずなんだけれども、不思議と清爽さがあったのは、宿禰太郎と土師兵衛、それから水奴が軽快に飛ばすオヤジギャグ……と言ってはいけないのか、言葉遊びのせいもある。ただ、その一方で、そういった露骨なオヤジギャグの軽快さがあるからこそ、菅丞相の台詞のさりげなさがずっしりとした重みを感じさせるものになる。
 生身になってからの菅丞相の台詞はとにかく聞き入ってしまった。ひとつひとつの単語のイメージが鮮明に伝わってくるし、具体的な行動として分かりやすく表現されていなくても、その台詞回しや細かな動作から、情が滲み出てくる。一言一言に、うんうんと頷いてしまった。こういうのを名調子と呼ぶのだろう。

 勉強になりました。