MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

2015年4月スタートのアニメ雑感。

 歌ったり踊ったり音楽したりするアニメと、孤児が出てきて世界の滅亡と対峙するアニメが多くて、すでにどれがどれだか区別がつかなくなってきちゃったので、とりあえずまとめておこう。1話はそんなに話が動かないから、様子を見つつ、キャストやらスタッフの確認したりって感じになりがちだなー。

 まず、印象に残ってしまったのは『SHOW BY ROCK!!』。とりあえずインパクトという点では、これが一番びっくりした。いきなりケモノだし、美少女アニメかと思いきや、宮野真守やら谷山紀章やらが出てきて、女性ファンを獲得したい的な色気が見えるし。でも、これ、どれくらい、その層に届くんだろう。謎が深い。

 『SHOW BY ROCK!!』でシリーズ構成を担当する待田堂子が、シリーズ構成を担当している『長門有希ちゃんの消失』は、主なスタッフが変更したのにもかかわらず、キャストは変更がなかった。だからこそ、『涼宮ハルヒの憂鬱』が放送されていた当時に戻ったというよりは、久しぶりにキャラと再会する同窓会のような、不思議な感覚があって、とても心地よかった。昔と同じように演じようとしていなかったし、たぶん、できない。とにかく、杉田智和という人の説得力に脱帽するしかないね。2006年からいろんなことがあった、ハルヒの前は貧乏でタクシーが使えなかった人が武道館でライブしてたり、長いこと病と闘っていた人がいたり。それぞれが、いろんな時間を乗り越えて、もう一度、再集結してマイクの前に立っているということが、ひしひしと伝わってきて感動してしまった。
 『嘘をついた男』『さよなら僕の夏』『ソフィーの世界』『ヴァーチャル・ガール』といった、本を探す楽しみも健在。

 過去の人気作品の続編繋がりで、『聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-』。これもキャスト変更なし。この面子を揃えると、ギャラが心配になる。主人公が田中秀幸というのも、分かってても、一瞬、引く。曽我部さんから引き継いでいるからだけど、置鮎龍太郎若いなぁっていう黄金聖闘士のキャスト陣、これから40代後半から60代のベテラン声優たちが、青年を演じる様に注目したい。このあいだのキャストの平均年齢を若くした劇場版アニメに比べると重厚感がありすぎて、話の中身より芝居が勝ってしまっている感はある。

 お、これはイケるじゃんと思ったのは『放課後のプレアデス』。変身シーンが凄くいい。ひらひらしてて。主人公が、まどマギのまどかちゃんみたいな子だった。

 『放課後のプレアデス』には、主人公と仲違いした(と主人公も友人もお互いに思い込んでいる)友人が登場する。同様に、なんとなく近寄りにくくなってしまっている友人が登場するのは、京アニの新作、『響け!ユーフォニアム』。仲が良かった友達と、特に大きなケンカをしたわけでもないのに、なんとなく疎遠になって、お互いに敬遠してしまうことってある。アニメは、そういう人間関係があっさり修復されてしまうけれど、自分の経験では、一度なんとなく崩れてしまった人間関係が修復されたことって、あまりないかもしれない。音楽系の部活は、自分がそうだったのもあって、なかなかいろいろ思い出しつつも、このアニメ自体は暢気に見られて好き。楽器の音とか演奏が丁寧に作ってあって、説得力ある。

 音楽系だと、『うたプリ』が安定のうたプリで、キャラをひたすら魅力的に描こうとする全力感にほいほい乗せられた。1話のキャラ紹介シーンは、いかにも乙女ゲーム原作のアニメな感じで好感がもてる。アイドルものというよりも、乙女ゲームもの、という方向性を見失わないところが、うたプリの良いところだと思う。キャラの感情のリアリティとか、そんなシチュエーションあるわけないとか、そういうツッコミを最初から無意味なものにする爆発力がいい。1話の最後の歌詞が入る直前に「せーの!」って入るところが、なんともアイドルだ。SSAでのライブも決まっているし、勢いのある作品の現場は、芝居にも勢いがあっていい。けっこう息の長い作品になっているので、芝居がちょっとマンネリっぽくなっている気もするけれど、それもまたいい。

 『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』は、ARISEの劇場版を再構成しているはずなのに、いきなり見てないのが出てきたから、あれ?って思ったら、これ、見損ねてしまったborder4のエピソードだったようだ。ARISE以前の攻殻アニメはほぼ見てるはずだけど、ARISEが面白いかどうかって言われると、かなり微妙な感じ。公安9課のメンバーの人たちが、どういう経緯でそうなったのか知りたいという欲求があまり自分になくて、むしろ、そこが秘められていることに魅力を感じているのではないか、というのが、ARISEを観ながら思ったことだった。

 ガンスリンガーストラトス血界戦線アルスラーン戦記、雨色ココア、ニンジャスレイヤー、食戟のソーマ、電波教師、終わりのセラフも見たけど、今日はとりあえずおしまい。