読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

ぜんハリ 「青きセーラーの闘いツアー」(10/9)

ZEN THE HOLLYWOOD(ぜんハリ)
10/9
@GARRET udagawa

1. overture
2. バージンマジック(落ちサビソロ:阿部くん)
<自己紹介・暴露プロレス>
3. 子鹿のくつ(皇坂くん)
4. ENDLESS STRIPE
5. 赤い箱のクラッカー ~let's party~
6. マジでJIN JIN
7. ハリウッドルール1・2・5
8. 奇跡のYES
9. 永遠never ever(頭サビセンター:横山くん)
10. エアボーイズ
11. 青春HAS COME
12. ZENKAI PLAY
アンコール:HOT LOVER


<暴露プロレス>
どこまで書き残して良いのか悩んだから、遠慮してちょっとだけ。
・チーム分けはマロンAvs笠浦
・笠井くんから、阿部くんの暴露。ドン・キホーテでの電動マッサージ機のこと。
・阿部くんから、笠井くんの暴露。泊まりのときのブランケットのエピソード。
・横山くんから、深澤くんの暴露。楽屋でつまらないギャグをやっている。阿部くんがそのなかの、キングオブつまらないギャグを披露させられる。
・笠井くんから、深澤くんの暴露。深澤くんが中学生だった頃の片思いエピソード。
・笠井くんから、深澤くんの暴露。深澤くんがスポーツ新聞が好き、という話。
・横山くんから、深澤くんの暴露。鞄の中身について。ここで、深澤くんがギブアップ。

「子鹿のくつ」の1番を皇坂くんが歌い終えたところで「しげちゃん来て!」と呼び、笠井くんが登場。

「永遠never ever」のあと、阿部くんから曲紹介。

「ZENKAI PLAY」のあと、笠井くんから、双子に関する暴露。開演前に、阿部くんが御手洗いに行ったところ、三浦くんがピンを使って鍵を開けて入って、二人でキャッキャしていたらしい。

 そのあと、三浦くんから、10/10,11の公演のなかで、三浦くんの卒業の日程が明かされることが暴露。

 笠井くんの「ひとつ言うなら」は「お前らに隠し事なんてなんもねーよ」。横山くん「まぁ隠し子はいるけどね」


 以下、感想。

 今回は、後ろの段の前列やや下手寄りから。

「バージン・マジック」の落ちサビのソロは今回が初披露で、個人的にはこの日1番楽しかった。阿部くん、緊張気味で声が上擦り気味だったのが可愛すぎたし、最後の狙い定め~の当たりも、すごく楽しかった。

 殴り合いのプロレスではなく、お互いの秘密を暴露をしあうプロレスだった。痛くなさそうで、とりあえず安心して見ていられたし、けっこう面白かった。別の人の曲を歌うのは、日替わり感があって良かった。罰ゲームになった方が曲が歌えて美味しい……。

 皇坂くんの「子鹿」は「子鹿」っぽくて可愛らしくて、笠井くんの呼び方も可愛かった。

「ZENKAI PLAY」終わったあとの、アンコールの声がいまいちだったらしく、大変申し訳ない気持ちになった。そういうところで甘えていたらいけないね……。