MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

ぜんハリ 「青きセーラーの闘いツアー」(10/11・第1部)

ZEN THE HOLLYWOOD(ぜんハリ)
10/11 開場13:00 開演14:00
@GARRET udagawa

「青きセーラーの闘いツアー」2日目の第1部。本当は行くつもりがなかったのに、当日券で入ってしまった。壇の前、最後列の中央寄り下手。

 セットリストは以下。

1. overture
2. エアボーイズ
<自己紹介・暴露プロレス>
3. マジでJIN JIN(深澤くん・横山くん)
4. アールグレイの季節
5. ENDLESS STRIPE
6. 赤い箱のクラッカー ~let's party~
7. バージンマジック(落ちサビソロ:阿部くん)
8. ハリウッドルール1・2・5
9. 永遠never ever(頭サビセンター:笠井くん)
10. 奇跡のYES
11. ZENKAI PLAY
12. HOT LOVER
アンコール:BUY or DIE


<自己紹介>

 自己紹介と一緒に、アイドルトークをすることに。

 阿部くん。皇坂くんから「Abe tunesで、朝起きてから会場にくるまでの出来事のアイドルソング」と振られる。「ランキングに入っている」と答えて、目覚まし時計が鳴って朝起きて、渋谷にきてライブをしてetcといった内容の歌を歌う。三浦くん「リズム気持ち悪い」。皇坂くん「1回視聴して削除しちゃった」。

 三浦くん。「アイドルらしく自己紹介する」と前置きして、自己紹介。「いつか歌って踊らなくなる日が来ても、僕はアイドルとしてみなさんの心で生き続ける」と言うと、「今日卒業するみたい」と笠井くんに突っ込まれる。

 笠井くん。会場で販売しているブロマイドにサイン入れるときに、ひとつひとつ思いを込めて、「いつもありがとう」とか「好きだよ」とか、口に出して言っている。皇坂くんに「証拠は?」と訊かれ、「アイドルは証拠なんて言っちゃいけないんだよ」と反撃。

 深澤くん。夏の「イエローハート」で登場した「ミニトラちゃん」のについて。

 皇坂くん。「ミニトラちゃん」は、実は怨霊だった、という話。楽屋で足音が聞こえたり、スタッフさんの家でいろいろ起こったりしたので、ミニトラちゃんは封印することになった。お客さんに渡したミニトラちゃんは、皇坂くんが魔法で妖精にしたものだから大丈夫。

 横山くん。「今日は俺が幸せにしてやるよ」と言うと、笠井くんが「それ、『ひとつ言うなら』みたいじゃん」と言い、「あ、じゃあ今日はゆーまがやるから」と、阿部くんに火の粉が降りかかる。

 この日、皇坂くんは、暴露プロレスのチーム分けをトーク内容で決める予定だった。けれども、あまりにもトークに統一感がなかったので、チーム分けが出来ず、三浦くんがチーム分けをすることになった。突然、ペットボトルを取り出す三浦くん。チーム分けの結果、阿部くん・笠井くん・皇坂くん・三浦くんvs深澤くん・横山くん。実は、身長でチーム分けをしていた。「俺知ってますよ、しげさん、隠れチビ」とサラッと辛辣な三浦くん。

<暴露プロレス>

・横山くんが、なぜか自分について暴露。初恋が幼稚園の先生。
・阿部くんから横山くんの暴露。幼稚園のとき、着替えを手伝ってくれるお兄さんに、ドキドキしてソワソワした。「これから着替えスタッフさんに手伝ってもらうとき、超気まずいじゃん、女の子が好きだ!」と弁明する横山くん。
・深澤くんから三浦くんの暴露。少女漫画が好き。「好きですけど、別になにか?」とそっけない三浦くん。
・深澤くんから笠井くんの暴露。背後にまわった深澤くんを、「かくれんぼしてるわけじゃないんだけど」といじる笠井くん。笠井くんは、最近カフェオレが飲めるようになった。笠井くんも同じくそっけない反応。
・深澤くんから皇坂くんの暴露。納豆が大嫌い。皇坂くんもそっけない反応。「お遊びしてるの、トラちゃん、かわいい」。
・深澤くんから阿部くんの暴露。楽屋で耳かきをする顔が、気持ちよさそうで変態みたいな顔。阿部くんへの「変態」コール。これまでバラされたことに比べたら、大したことないと開き直る阿部くん。
・笠井くんから、深澤くん・横山くんの暴露。2人がハマっている「乳首当てゲーム」について。横山くんの乳首が小さくて、三浦くんの腕にあるほくろと同じくらいの大きさ。「もうギブアップでいいから、みんなの記憶を消してよ」と皇坂くんに懇願する横山くん。

「チビでJIN JIN」と笠井くんが曲振り。1番は横山くんと深澤くんの2人で歌った。2番以降は笠井くんと皇坂くんが歌って、横山くんと深澤くんの2人はバックで踊っていた。横山くんと深澤くんは、ダンスの振りがちょっとあやふやで、笠井くん皇坂くんをチラチラと眺めながら若干テンポ遅れて踊るのが可愛らしかった。

「永遠never ever」の位置についたとき、「センター はい、しげちゃん!」と笠井くんの号令。

 歌がすべて終わったあと、「いつも、どうやったら一緒に楽しめるか、メンバー一同、毎日考えている」と笠井くん。今日一番楽しかったところを、みんなで叫ぶ。

 阿部くんからの「ひとつ言うなら」は、「この渋谷で、ぜんハリが世界一だよ」。「渋谷で世界一」というのが意味不明で、いまひとつウケなかったので、もう一度。「ZEN THE HOLLYWOODは世界一になってやるよ。なぜならハリウッドだから」と、これもまた滑る。

 アンコールの「BUY or DIE」は、笠浦もマロンAに合流して6人での披露。イントロで笠浦が毒栗を食べずに、曲がスタート。阿部くんのラップパートや間奏のカウントを笠浦が奪ったり、イガを飛ばす指揮を笠井くんがとったり。笠浦の2人が毒栗を食べなかったことに怒った皇坂くんが、夜の部の暴露プロレスは「笠浦vsマロンA」になることを宣言。「アイドルの顔めちゃくちゃにしてやるよ」と息巻く皇坂くんに、「最初から顔めちゃくちゃなやついるじゃん」と三浦くんが反撃したところで、「俺の悪口を言うんじゃねーよ」と噛みつく阿部くん。「お前、自爆してんじゃねーよ」と三浦くんがからかう。

 以上。


 以下、感想。

 この公演で最も感動したのは三浦くんの「ENDLESS STRIPE」。ついに補助輪がなくなった。前日の公演がどうなっていたのかは分からない。補助輪がない方がかっこいいと思った。

 阿部くんの「バージンマジック」落ちサビソロは、初回のときより上達していた。実は、この回に当日券で入ったのは、落ちサビソロが阿部くんになると踏んだから。これで元がとれた感ある。

 このあと特典会。予約対象DVD1枚予約するごとに、特典券が3枚ついてくる。この日はグルショに行きたかったので予約した。特典券が1枚余って、やむをえず、初めて握手会に行った。アイドルに触れるのってなんとなく申し訳ない。感性は人それぞれなんだろうけど、自分だったら、握手したあとに相手が手をさわさわしてたり、匂いを嗅いでたりしてたら気色悪いなぁって思ってしまうので……。あと、「アイドルと自分だけの」みたいな、押しつけがましく、思い上がったことを考えそうになるのもくだらない。もともと、そういうのを求めているわけではないしね。だから、超アッサリにしようと心に決めて行ったし、その通りに実行できて良かった。

 グルショは大勢で押しかけて、楽しかった!