読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

ぜんハリ「ZEN THE HOLLYWOOD ~濃厚ピンク皇子と馬、そして誰?」

ZEN THE HOLLYWOOD(ぜんハリ)
11/7 16:00-17:00
@中池袋公園

 15時頃、池袋では雨が降っていたようでしたが、私が池袋に到着した15時過ぎには雨が上がっていた。同じ頃に池袋に到着していた友人と駅で待ち合わせて、念のため、近所の100均でレインコートを購入。結局、お世話にならずに済みました。良かった。

 このイベントは、池袋シネマチ祭のステージのひとつ。ぜんハリの出演枠は1時間あったけれども、前後の入退場時刻も込みで1時間だったので、入場、リハ、本番、退場までで約1時間。イベント本編は約30分程度だった。この日は、三浦くんが前日のライブに引き続き欠席だったのに加え、深澤くんも大阪でのイベント出演があったので、この日は阿部くん、笠井くん、皇坂くん、横山くんの4人での出演。

 リハーサルは青いセーラーで「ZENKAI PLAY」の1番を歌って終了。さらっと歌ってさらっと終了。

 本編セットリストは以下。

1. overture
2. 赤い箱のクラッカー ~let's party~
3. アールグレイの季節
4. マジでJINJIN
5. ロンリーパッション
6. ZENKAI PLAY

「赤箱」は阿部くん、笠井くん、横山くんの3人で披露。笠井くんが三浦くんのパート、横山くんが深澤くんのパートを担当。普段この曲に入っているメンバーが阿部くん一人ということで、阿部くんが「let's party」のコールを、「後ろの人も!」とか「もう1回!」とか「初めましての方も!」とか、声をかけてかなり引っ張っていた。笠井くんの「笑顔でウィンク」が私は好き。歌いだしでミスしたり、ちょっとズレていたところもあるけれども、べつにそういうのは大きな問題ではない。横山くんもダンスあやしかったけれども、可愛かった。

「お馬さんがいないから出られなーい」とステージ裏で駄々を捏ねる皇坂くん。笠井くんと横山くんが2人揃って阿部くんを指さす。阿部くんが馬のように嘶いてステージを去り、皇坂くんをおぶって再登場。「みなさん、ごきげんよう~」と馬上から挨拶をする皇坂くん。「皇子と、お馬さんです!そして(と、笠井くん横山くんと見て)誰?……はい、これでタイトル回収です!!」「大変、黄色いトラちゃんと、青いかいりんが誘拐されちゃったみたい、みなさん、探してくれますか?」と観客にお願いし、「黄色いトラちゃん!」「青いかいりん!」とコール&レスポンス。「皇子、もっと大変なことに気付いちゃった。まだ自己紹介やってないよ!ゆーまくんから!」と皇坂くんが振ったところで、阿部くんから「タイトルコールからやりましょう」ということで、タイトルコール。

「いらっしゃいませー!」といきなりジャパネット阿部がスタート。「飲んでる方、食べてる方、歩いてる方、お買い物の方!こんにちは!いまからZEN THE HOLLYWOOD無料ライブしますよ!送料込め、手数料込め、ぜんハリが全部御負担致します!!寄ってらっしゃい見てらっしゃい!!THANK YOU!!」その後、自己紹介。「片手で立てる阿部悠真がいるぜんハリです!!」

 笠井くん自己紹介。「青いセーラーと暴走してる皇子だけでも覚えていってください!」

 皇坂くん自己紹介。「みなさん、きれいでしょ?」と自分を示す皇坂くん。「そういうこと自分で言わない!」と笠井くんに突っ込まれて、「えへへ」とわざとらしい照れ笑い。「ZEN THE HOLLYWOODには、こんなにきれいなおかっぱの男の子がいます!」

 横山くん自己紹介。クレープ屋のお兄さんにも「よっこ!」のコールをお願いしてからの、自己紹介。「僕、超能力が使えるんです。ただ、今日は時間の関係で見せられないので、ぜんハリのライブにぜひお越しください」

 皇坂くんが「大変!」と、また騒ぎはじめる。「タイトルの回収、『濃厚』がまだ回収できてない!みなさん、寒くないですか?暖かくなりたいですか?『濃厚ピンクロイヤルミルクティー』をお届けします!メンバーと一緒に楽しいお茶会をしましょう。メンバーは乾杯をしたり、ウインクをしたり、視線を合わせたりしてくれますよ!」。「ウインク!?」と反応する笠井くん。

アールグレイの季節」の1番のあいだは上手、2番のあいだは下手で、ファンサに励む阿部くん笠井くん横山くん。3人は大サビは皇坂くんのバックで揺れていたのだけれども、身体を揺らす方向、最初は笠井くんだけ逆方向で、笠井くんが修正しようとしたら、横山くんが両脇の2人にあえてぶつかったりしていて、わちゃわちゃ可愛らしかった。

「もっともっと暖かくなるために、『マジでJINJIN』でJINJINするポイントたくさんあるんだよね?」と皇坂くんが阿部くんに問いかける。「いっぱいしてるから、急にFu!って言っても大丈夫です!」とコールの説明をする阿部くん。

『マジでJINJIN』は、阿部くん横山くんが最初から最後までバックで踊っていた。2番のAメロで、横山くんは笠井くんに、阿部くんは皇坂くんに合わせて展開していくのが少人数ならではの感じで好きだった。ラスサビに入る前の撃つところも、6人でやったらゴチャゴチャしそうだけれども、4人だと良い按配でまとまってるなという印象がありました。

「すっごくJINJINして身体が熱くなっちゃった。エッチな気持ちになっちゃいましたか?でも大丈夫、ぜんハリにはとってもエッチなことが得意なメンバーがいます」と皇坂くんに言われ、「いろいろ問題があるよ!勘違いされるわ!」と慌てる横山くん。「オトナな曲があるので」と言い直しながら、皇坂くん「よっこ、オトナな曲ってどんな曲?」と訊ね、「どんな曲って……えっちな曲だよ!」と開き直る横山くん。

「ロンリーPASSION」は前奏がカット。最初にカウントのために、メトロノームみたいな「ぽんぽん」って木魚を叩くような音が聞こえたのには笑った。フロアダンスは阿部くんが下手に入って波打ち、上手で膝をついて踊るところに横山くんが入る、というなかなか面白い陣形。

「いまの曲を聴いて、セクシーな気持ちになっちゃいましたか?そのままの気持ちで帰ったら、電車のなかで大変なことになっちゃう!でも、次の曲はとても元気な曲なので、みなさん盛り上がりましょう!次の曲はメンバーの自己紹介の曲でもあるので、ぜひ覚えていってください!」と皇坂くん。

 皇坂くん「感想を聞いてもいいですか?楽しかったですか?うしろのみなさんも楽しかったですか?楽しい人いますか?みんな、楽しいかな?最後はリーダーらしいことを言ってシゲちゃんがしめてくれます!」

 笠井くん「いつも6人でやらせていただいて、今日はソロ曲とかが多かったのですが、6人の曲もたくさんあります。YouTubeで動画も見られますので、聞いていただけたら嬉しいです。セーラーと皇子、覚えてくださいね。印象に残ったら嬉しいと思います」

 最後の「僕たちが、毎日目が離せないアイドル!」は阿部くんが担当。

 皇坂くん以外の3人での赤箱でスタート、皇坂くんが登場して以降は皇坂くん中心のMCという流れがとても見やすかったと思う。可愛い曲調の「赤箱」、ほっこりと暖かい「アールグレイ」、熱い「JINJIN」、セクシーな「ロリパ」、元気な「ZENKAI」と、いろんな曲をバランス良くやっていて、いつも聞いているくせに、いろんな曲あるなぁと改めて思った。

 最近、私の周りでゆーま推しではない方たちが「ゆーま本当に良かった!」と褒めてくれることが多いので、私は幸せである。幸せすぎてAGFも行きたくなってしまったので、明日も行きます。まさか3日連続で現場に行くことになろうとは。明日はうちわ持っていこう!