MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

ぜんハリ 『ブラック楽屋公演 in 渋谷グランデ』(11/18,19)

ZEN THE HOLLYWOOD(ぜんハリ)
11/18 19:30-
11/19 19:30-
@渋谷グランデ

 9月10月に引き続いて行われた、ぜんハリの『ブラック楽屋公演』。芝居パート+ライブパートで構成されたイベント。

 芝居の内容メモは保留しておくとして、ライブパートのセットリストと芝居&ライブの感想をとりあえず書いておきます。

<11/18>
1. overture
2. 永遠never ever(頭サビ阿部くん)
3. バージンマジック
4. 赤い箱のクラッカー ~let' party~
5. アールグレイの季節
6. 奇跡のYES
7. 青春HAS COME
8. HOT LOVER
アンコール:ZENKAI PLAY

 三浦くんは犬みたいだから、白い球を追いかけて行ってしまって、今日は来られない。笠井くんは、深澤くんの「everybody say yeah!」がツボで、前日の晩に思い出して笑ってしまった。ステージ上で深澤くんがやったときも、大爆笑。突然、「ビーバイブレーション」の一節を歌いだす皇坂くん。「いつもお前の芝居、俺たち気まずいんだから」と阿部くんに言う笠井くん。

 年明けから、「ハート全僕宣言!」の歌詞がリニューアルして再登場することが発表。

 お名前券の収集状況がよろしくなく、切実であるというアピール。

<11/19>
1. overture
2. 青春HAS COME
3. マジでJINJIN
4. 赤い箱のクラッカー ~let's party~
5. 永遠never ever(皇坂くん、深澤くんの頭サビWセンター)
6. エアボーイズ
7. HOT LOVER
8. ZENKAI PLAY
アンコール:ロンリーPASSION

 三浦くんとのLINEのやりとりについて。自己紹介をド忘れする笠井くん。

 エアボーイズ前に阿部くん以外の4人でヘリコプター。

「ハート全僕宣言!」の次のセンターは皇坂くんになることが発表。



 以下、感想。

「ブラック楽屋公演」(以下、「黒楽屋」)も3ヶ月目に突入した。

 季節ネタ→罰ゲーム→Pからの電話→円陣→ライブ、という流れは特に変わらず。9月10月の芝居パートはとにかくテキトーだったのに対して、11月の公演は、個人個人がそれぞれの見せ場では頑張ろうとしていた。でも、全体的な印象としては、ちゃんと考えたの?という公演で、もうちょっと頑張れたんじゃないかな、とも思いました。「普段通りの楽屋の様子を見せる」というコンセプトと、客の期待を上回るものを見せる、というステージに立つ者として求められるものを両立するのは、おそらく簡単なことではないんだろうけれどもね。でも、「黒楽屋」はもうちょっと、客が何を見たいか、ということを考えてほしいなと個人的には思います。

 横山くんは、『お気に召すまま』のタッチストーンみたいなところがいい。

 ライブパートの感想は、もう手紙に書いちゃったからいいかな。18日の頭サビが阿部くんだったのが嬉しかったのと、「アールグレイ」が終わって「奇跡」のイントロで阿部くんが一人で皇坂くんに跪くところなどなど、見所がたくさんあって行って良かった。

 19日は、友達と連番で楽しかったです。