MEMOS

ちょっと書き留めたかったことなど。

ぜんハリ 「青卒業公演満席ヘのロードツアー」(11/28・1部)

ZEN THE HOLLYWOOD(ぜんハリ)
11/28 14:00開演
@garret udagawa

1. overture
2. エアボーイズ
3. 永遠never ever(頭サビ:横山くん)
4. 奇跡のYES
<自己紹介>
5. バージンマジック
6. 赤い箱のクラッカー ~let's party~
7. マジでJINJIN
8. 恋のレオパードバトル
9. 子鹿のくつ
10. ENDLESS STRIPE(横山くん)
11. ロンリーPASSION
12. 青春HAS COME
13. ZENKAI PLAY
アンコール:HOT LOVER

 序盤、全体的に音程が下がり気味で「永遠never ever」、やや崩れているように聞えた。阿部くんの「奇跡のYES」は芝居がかっているのが可愛いのだけれども、これもまた音程が下がる。あとソロパートのテンポがやや不安定なのも気になるといえば気になった。中盤からは持ち直していたと思う。

 自己紹介では、初めて会ったときのお互いの第一印象。

 阿部くんの笠井くんに対する第一印象は、初めて会ったとき、場を盛り上げていてデキる男だと思ったのに、収録終わったら「おつかれっした~」って急に変わったから、オンオフあると思った。このあと、阿部くんが書類審査に出したイマイチな写真が「ハリウッドTV」に収録されているかどうかという話で盛り上がった。笠井くんがあのDVDを「めっちゃ見てる」と言っていたのが、なんとなく印象的だった。

 笠井くんの深澤くんに対する第一印象。深澤くんの身長が変わらないんだけれども、入る前と入ったあとで垢抜けて顔が変わった。笠井くん「なんかやった?」、深澤くん「してねーよ!」、「成長という名の整形」といじられる。

 深澤くんの皇坂くんに対する第一印象。オーディションのときに、皇坂くんと同じグループだった。そのとき、緊張のあまり思ったことをそのまま言おうという気持ちで、皇坂くんに「髪キレイですね」と言った。けれども、皇坂くんはそのことを覚えていなかった。皇坂くんは「なんとなく言われたな」という記憶はあったらしい。全体的に公開オーディションの記憶がなく、特に横山くんに関してはまるで記憶になく、横山くんのことをきちんと認識したのは「レオパードバトル」のときだった。

 皇坂くんは、横山くんのことを覚えていないので、初めてステージに立ったときのこと。感動と嬉しさのあまり、その晩は夜中3時まで泣いてしまった。この日、初めてきた方で、一番遠くから来た方を探すことに。高知とか八丈島からきた方、なかにはアメリカからの方もいらっしゃった。皇坂くんが英語でありがとう楽しんでくださいっていう感じのことを伝えていた。前々から思っていたんだけれども、皇坂くんの英語って発音はきれいだけれども、言いまわしが不思議なときがある。阿部くんはブサイクではありません。

 横山くんの阿部くんに対する印象。秋チームが入ってきたときに「可愛い子がいる」と噂になった。それが三浦くん。「阿部くんはいつぜんハリに入ったのかな?」とすっとぼける横山くん、笠井くんに「皇子に忘れられた傷が深すぎて、無理やりそういう話題作ってるでしょ」と突っ込まれる。

 横山くんが「ENDLESS STRIPE」を歌った感想は「出た瞬間に緊張したけど、楽しかった」。前に腰を振る振付を考えていたと言っていたけれども、特にそれらしいものはなかった。思ったよりも上手かった。

「ロンリーPASSION」のイントロで目を合わせる時間。終わってから、もう一度目を合わせる時間。笠井くん「いま目が合わなかった人も、特典会にきてバッチリ目を合わせてください。今日の夜と、明日の一部二部、くる?なんか予定ある?だいじょぶ?予定ない?」、阿部くん「チャラいんだよ」、笠井くん「よっこ正しい方法やってよ」、横山くん「しょーがねーなぁ。本日はおひが……お日柄も良く、お足元の悪いなか、よくここまで辿り着いたなはははは!」、笠井くん「口でか!」、横山くん「おいやめろ!」、笠井くん「もういいよ、大丈夫、ありがとう」、横山くん「ふっておいて、そうやって……」。

 笠井くん「ひとついうなら、ZEN THE HOLLYWOOD、なんで紅白入ってないんだ!」、阿部くん「今年こそはと思ったのに!」

 アンコールの「HOT LOVER」の前に、皇坂くんから英語で説明。私は三浦くんの「ねぇ話したい」のぬるっとした気怠さが好きなんだけれども、阿部くんの「ねぇ話したい」はちょっと中途半端。

 笠井くん「この先もずっとついてきてください。……ってことは、夜と、明日の昼と夜もくるってことだよ!」

 音程がちょっとブレたりいろいろ細かいところではあったけれども、曲数もけっこうあったし、MCも和やかで楽しかった。


 本当は特典会に行くつもりなかったのに、マハルキタ秘密のサイン「ハートをうつせ」でもらっちゃったから、2ショ行かざるをえなかった。いつもは、こちらから「かっこよかったよ~」とか言って終わるのに、あちらから1部での私の奇行について触れてくれて、びっくりした。「××だったね~」って言うときの、ちょっと舌ったらずなのが可愛すぎて幸せでした。某メンバーをリスペクトした格好したんだけど、それ言ったら、「俺やで!」ってノリノリで言ってくれて、ほんと貴重な姿を見ることができました。ありがとう。

 特典会のあいだに、アメリカからいらしていた方と少しお話をさせていただいたので、皇子にお手紙書こうと思いました。